理学療法士・作業療法士のための求人・学校探し・セミナーなど総合お役立ちサイト – 療法士.com

TOP >  理学療法士・作業療法士養成校 >  福井県 >  福井医療短期大学
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 
福井医療短期大学

福井医療短期大学

リハビリテーション学科理学療法学専攻、リハビリテーション学科作業療法学専攻、リハビリテーション学科言語聴覚学専攻

400万円台 
 

チーム医療を学びの場で実践症例検討会で最前線を体感!

 「看護師」「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」と、チーム医療の柱となる4つのスペシャリストを目指す学生が一つの学舎に集い、ともに研鑽していく。本学では、この体制を活かし、チーム医療を実践する「合同授業」を実施。ともに学ぶことで、各分野それぞれに何を求めているのか、一つの事例に対し、どのような側面から捉え、どう行動するのかといった特性を、自分と違う分野を学ぶ学生たちと意見交換しながら学んでいきます。
 また、医療現場での実例を題材とした症例検討会やグループセミナーも開催。早期からチーム医療の一員としての自覚を持ち、医療現場の最前線を体感していきます。

資料請求する

学ぶ内容・カリキュラム

医療&福祉のネットワークから生まれた福井医療短期大学

新田塚医療福祉センター

 本学は、母体となる「新田塚医療福祉センター」が、医療・福祉の最前線を担うゆえに持つ現場が真に求める要望に応えるために誕生した学校であり、このネットワークを最大限に生かすことで、学生の育成はもちろん地域医療の発展への貢献も目指しています。
 ここで学ぶ学生たちは、早期より充実した関連施設で臨床現場に直接触れながら学び、セラピストとして必要とされる資質をじっくりと養っていきます。

就職活動支援、実績

開校以来就職率100%を継続中!

就職活動の様子

 本学の前身となる福井医療技術専門学校は、昭和46年開校(当時は定時制2年課程「福井高等看護学院」)以来、就職率100%を32年間にわたり継続しています。
 これは、同校が育成してきた「看護師」「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」が医療の現場のみならず地域社会から必要とされている職業であることはもちろん、学生一人ひとりが希望する分野、勤務地などを書いた求人票を提出し、その内容を基づき、どんな勉強や資格が必要かなど先生と一緒に考え実践していく徹底した個別指導の成果です。
 本学では、この指導法を受け継ぐとともに、目標に向けた特別授業の充実をはかることで、この伝統を引き継いでいきます。

編集者's eye

チーム医療を授業で体験!

小町記者

 こちらの学校は、臨床の場では現在当たり前となっているチーム医療について、学校の特性を生かし、それを授業の中に取り入れているようですね。
 自分が学んでいる分野だけでなく、それ以外の職種がどのような視点で対象者を捉えているのか、それを授業の中で学べることは、臨床に出てからもとても役に立つのではないでしょうか?

資料請求する

気になる学校データ

トータル学費理学療法・作業療法学専攻:4,150,000円
言語聴覚学専攻:4,000,000円
卒業時にくる求人数、求人倍率理学療法学専攻:1,180人
作業療法学専攻:1,240人
言語聴覚学専攻:635人
就職先実績福井総合病院/嶋田病院/福井県済生会病院/福井厚生病院/福井赤十字病院/福井循環器病院/藤田記念病院/林病院/松田病院/福井県立病院/三精病院大森整形外科リウマチ科/大滝病院/高村病院/田中病院/泉ヶ丘病院/木村病院(金津)/木村病院(鯖江)/斉藤病院/三国病院/中瀬整形外科医院/西浦病院/光陽生協病院/シルバーハイツ武生/高村病院/敦賀市社会福祉協議会/アルマ千寿/今庄診療所/奥村整形外科クリニック/加納外科/光道園 他多数

募集要項

リハビリテーション学科理学療法学専攻

募集人員50名
年制3年生
授業時間9:10〜16:30
取得資格理学療法士国家試験受験資格
入試種別1)推薦入学試験
2)社会人入学試験(前期、後期)
3)一般入学試験(第1次、第2次)
4)センター試験利用入学試験(前期、後期)
受験資格1)推薦入学試験
以下の(1)、(2)に該当する者
 (1)平成24年3月に高等学校又は中等教育学校を卒業見込みの者。
 (2)出身学校長の推薦がある者。

2)社会人入学試験(前期、後期)
以下の(1)、(2)を全て満たし、かつ(3)〜(9)のいずれかに該当する者
 (1)年齢22歳以上の者。(平成24年4月1日までにこれに該当する見込みの者) 
 (2)常用・臨時を問わず1週間当たりの勤務時間を40時間に換算し、通算2年以上の就業経験がある者。 ※1(平成24年4月1日までにこれに該当する見込みの者)
 (3)高等学校又は中等教育学校を卒業した者。
 (4)通常の課程による12年の学校教育を修了した者。
 (5)外国において学校教育における12年の課程を修了した者、又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。
 (6)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者。
 (7)文部科学大臣の指定した者。
 (8)高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者。(旧規定による大学入学資格検定に合格した者を含む)
 (9)その他、年齢が18歳に達し、本学において高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者。
   ※1 受験資格の確認を希望される場合は、事前に入学広報室までご連絡下さい。

3)一般入学試験(第1次、第2次)
以下の(1)〜(7)のいずれかに該当する者
 (1)高等学校又は中等教育学校を卒業した者及び平成24年3月卒業見込みの者。
 (2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び平成24年3月修了見込の者。 
 (3)外国において学校教育における12年の課程を修了した者、及び平成24年3月31日までにこれに該当する見込みの者、又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。
 (4)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者及び平成24年3月31日までにこれに該当する見込みの者。
 (5)文部科学大臣の指定した者。
 (6)高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者。(旧規定による大学入学資格検定に合格した者を含む)
 (7)その他、年齢が18歳に達し、本学において高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者。

4)センター試験利用入学試験(前期、後期)
以下の(1)〜(7)のいずれかに該当し、かつ平成24年度大学入試センター試験で本学の指定した教科・科目を受験した者。
 (1)高等学校又は中等教育学校を卒業した者及び平成24年3月卒業見込みの者。
 (2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び平成24年3月修了見込みの者。 
 (3)外国において学校教育における12年の課程を修了した者、及び平成24年3月31日までにこれに該当する見込みの者。
 (4)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者及び平成24年3月31日までにこれに該当する見込みの者。
 (5)文部科学大臣の指定した者。
 (6)高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者。(旧規定による大学入学資格検定に合格した者を含む)
 (7)その他、年齢が18歳に達し、本学において高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者。
受験料30,000円 ※センター試験利用のみ15,000円
試験科目1)推薦入学試験
基礎学力検査:国語総合(現代文のみ)、数学I・A、英語I、化学I・生物I、現代社会
※以上6科目から2科目選択ただし、化学I・生物Iを同時に選択することはできない。(2科目 60分)
選択科目は、試験当日試験場にて選択して下さい

面接

2)社会人入学試験(前期、後期)
小論文試験:小論文(1200字程度120分)
面接

3)一般入学試験(第1次、第2次)
学力試験:国語総合(現代文のみ)、数学I・A、英語I、化学I・生物I、現代社会
※以上6科目から3科目選択ただし、化学I・生物Iを同時に選択することはできない。(3科目 150分)
選択科目は、試験当日試験場にて選択して下さい

4)センター試験利用入学試験(前期、後期)
国 語:近代以降の文章のみ
地理歴史・公民:現代社会、倫理、政治経済、倫理,政治・経済から1科目
数 学:数I、数I・A、数II、数III・Bから1科目
理 科:理科総合A、理科総合B、生物I、化学I、物理I
地学Iから1科目
外国語:英語(リスニングは含まない)
※ 上記の科目・教科より3教科・3科目の高得点の科目を採用。
※ 本学独自の試験は行わない。

リハビリテーション学科作業療法学専攻

募集人員40名
年制3年生
授業時間9:10〜16:30
取得資格作業療法士国家試験受験資格
入試種別1)推薦入学試験
2)社会人入学試験(前期、後期)
3)一般入学試験(第1次、第2次)
4)センター試験利用入学試験(前期、後期)
受験資格1)推薦入学試験
以下の(1)、(2)に該当する者
 (1)平成24年3月に高等学校又は中等教育学校を卒業見込みの者。
 (2)出身学校長の推薦がある者。

2)社会人入学試験(前期、後期)
以下の(1)、(2)を全て満たし、かつ(3)〜(9)のいずれかに該当する者
 (1)年齢22歳以上の者。(平成24年4月1日までにこれに該当する見込みの者) 
 (2)常用・臨時を問わず1週間当たりの勤務時間を40時間に換算し、通算2年以上の就業経験がある者。 ※1(平成24年4月1日までにこれに該当する見込みの者)
 (3)高等学校又は中等教育学校を卒業した者。
 (4)通常の課程による12年の学校教育を修了した者。
 (5)外国において学校教育における12年の課程を修了した者、又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。
 (6)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者。
 (7)文部科学大臣の指定した者。
 (8)高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者。(旧規定による大学入学資格検定に合格した者を含む)
 (9)その他、年齢が18歳に達し、本学において高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者。
   ※1 受験資格の確認を希望される場合は、事前に入学広報室までご連絡下さい。

3)一般入学試験(第1次、第2次)
以下の(1)〜(7)のいずれかに該当する者
 (1)高等学校又は中等教育学校を卒業した者及び平成24年3月卒業見込みの者。
 (2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び平成24年3月修了見込の者。 
 (3)外国において学校教育における12年の課程を修了した者、及び平成24年3月31日までにこれに該当する見込みの者、又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。
 (4)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者及び平成24年3月31日までにこれに該当する見込みの者。
 (5)文部科学大臣の指定した者。
 (6)高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者。(旧規定による大学入学資格検定に合格した者を含む)
 (7)その他、年齢が18歳に達し、本学において高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者。

4)センター試験利用入学試験(前期、後期)
以下の(1)〜(7)のいずれかに該当し、かつ平成24年度大学入試センター試験で本学の指定した教科・科目を受験した者。
 (1)高等学校又は中等教育学校を卒業した者及び平成24年3月卒業見込みの者。
 (2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び平成24年3月修了見込みの者。 
 (3)外国において学校教育における12年の課程を修了した者、及び平成24年3月31日までにこれに該当する見込みの者。
 (4)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者及び平成24年3月31日までにこれに該当する見込みの者。
 (5)文部科学大臣の指定した者。
 (6)高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者。(旧規定による大学入学資格検定に合格した者を含む)
 (7)その他、年齢が18歳に達し、本学において高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者。
受験料30,000円 ※センター試験利用のみ15,000円
試験科目1)推薦入学試験
基礎学力検査:国語総合(現代文のみ)、数学I・A、英語I、化学I・生物I、現代社会
※以上6科目から2科目選択ただし、化学I・生物Iを同時に選択することはできない。(2科目 60分)
選択科目は、試験当日試験場にて選択して下さい

面接

2)社会人入学試験(前期、後期)
小論文試験:小論文(1200字程度120分)
面接


3)一般入学試験(第1次、第2次)
学力試験:国語総合(現代文のみ)、数学I・A、英語I、化学I・生物I、現代社会
※以上6科目から3科目選択ただし、化学I・生物Iを同時に選択することはできない。(3科目 150分)
選択科目は、試験当日試験場にて選択して下さい


4)センター試験利用入学試験(前期、後期)
国 語:近代以降の文章のみ
地理歴史・公民:現代社会、倫理、政治経済、倫理,政治・経済から1科目
数 学:数I、数I・A、数I、数I・Bから1科目
理 科:理科総合A、理科総合B、生物I、化学I、物理I
地学Iから1科目
外国語:英語(リスニングは含まない)
※ 上記の科目・教科より3教科・3科目の高得点の科目を採用。
※ 本学独自の試験は行わない。

リハビリテーション学科言語聴覚学専攻

募集人員40名
年制3年生
授業時間9:10〜16:30
取得資格言語聴覚士国家試験受験資格
入試種別1)推薦入学試験
2)社会人入学試験(前期、後期)
3)一般入学試験(第1次、第2次)
4)センター試験利用入学試験(前期、後期)
受験資格1)推薦入学試験
以下の(1)、(2)に該当する者
 (1)平成24年3月に高等学校又は中等教育学校を卒業見込みの者。
 (2)出身学校長の推薦がある者。

2)社会人入学試験(前期、後期)
以下の(1)、(2)を全て満たし、かつ(3)〜(9)のいずれかに該当する者
 (1)年齢22歳以上の者。(平成24年4月1日までにこれに該当する見込みの者) 
 (2)常用・臨時を問わず1週間当たりの勤務時間を40時間に換算し、通算2年以上の就業経験がある者。 ※1(平成24年4月1日までにこれに該当する見込みの者)
 (3)高等学校又は中等教育学校を卒業した者。
 (4)通常の課程による12年の学校教育を修了した者。
 (5)外国において学校教育における12年の課程を修了した者、又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。
 (6)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者。
 (7)文部科学大臣の指定した者。
 (8)高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者。(旧規定による大学入学資格検定に合格した者を含む)
 (9)その他、年齢が18歳に達し、本学において高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者。
   ※1 受験資格の確認を希望される場合は、事前に入学広報室までご連絡下さい。

3)一般入学試験(第1次、第2次)
以下の(1)〜(7)のいずれかに該当する者
 (1)高等学校又は中等教育学校を卒業した者及び平成24年3月卒業見込みの者。
 (2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び平成24年3月修了見込の者。 
 (3)外国において学校教育における12年の課程を修了した者、及び平成24年3月31日までにこれに該当する見込みの者、又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。
 (4)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者及び平成24年3月31日までにこれに該当する見込みの者。
 (5)文部科学大臣の指定した者。
 (6)高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者。(旧規定による大学入学資格検定に合格した者を含む)
 (7)その他、年齢が18歳に達し、本学において高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者。

4)センター試験利用入学試験(前期、後期)
以下の(1)〜(7)のいずれかに該当し、かつ平成24年度大学入試センター試験で本学の指定した教科・科目を受験した者。
 (1)高等学校又は中等教育学校を卒業した者及び平成24年3月卒業見込みの者。
 (2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び平成24年3月修了見込みの者。 
 (3)外国において学校教育における12年の課程を修了した者、及び平成24年3月31日までにこれに該当する見込みの者。
 (4)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者及び平成24年3月31日までにこれに該当する見込みの者。
 (5)文部科学大臣の指定した者。
 (6)高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者。(旧規定による大学入学資格検定に合格した者を含む)
 (7)その他、年齢が18歳に達し、本学において高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者。
受験料30,000円 ※センター試験利用のみ15,000円
試験科目1)推薦入学試験
基礎学力検査:国語総合(現代文のみ)、数学I・A、英語I、化学I・生物I、現代社会
※以上6科目から2科目選択ただし、化学I・生物Iを同時に選択することはできない。(2科目 60分)
選択科目は、試験当日試験場にて選択して下さい

面接

2)社会人入学試験(前期、後期)
小論文試験:小論文(1200字程度120分)
面接


3)一般入学試験(第1次、第2次)
学力試験:国語総合(現代文のみ)、数学I・A、英語I、化学I・生物I、現代社会
※以上6科目から3科目選択ただし、化学I・生物Iを同時に選択することはできない。(3科目 150分)
選択科目は、試験当日試験場にて選択して下さい


4)センター試験利用入学試験(前期、後期)
国 語:近代以降の文章のみ
地理歴史・公民:現代社会、倫理、政治経済、倫理,政治・経済から1科目
数 学:数I、数I・A、数II、数II・Bから1科目
理 科:理科総合A、理科総合B、生物I、化学I、物理I
地学Iから1科目
外国語:英語(リスニングは含まない)
※ 上記の科目・教科より3教科・3科目の高得点の科目を採用。
※ 本学独自の試験は行わない。

学校情報

学校名福井医療短期大学
沿革昭和46年 7月  財団法人福井総合病院併設の福井高等看護学院が厚生省
           より認可される。(1学年定員25名)
昭和51年 2月  専修学校に改組し、名称を福井医療技術専門学校とする。
昭和52年 4月  学校法人設立認可。(学校法人 新田塚学園)
昭和59年 4月  理学療法学科(1学年定員20名)、作業療法学科(1学年
           定員20名)、聴能言語学科(1学年定員20名)を併設する。
平成14年 4月  理学療法学科、作業療法学科の定員増(40名)が厚生
           労働省より認可される。
平成17年12月  福井医療短期大学が文部科学省より認可される。
           看護学科(1学年定員40名、全日制:3年課程)
           リハビリテーション学科理学療法学専攻
           (1学年定員40名、全日制:3年課程)
           リハビリテーション学科作業療法学専攻
           (1学年定員40名、全日制:3年課程)
           リハビリテーション学科言語聴覚学専攻
           (1学年定員40名、全日制:3年課程)
所在地・アクセス〒910-3190 福井県福井市江上町55字鳥町13-1
ホームページhttp://www.f-gh.jp/fcm/

資料請求方法

資料請求方法

このサイトの資料請求ボタンより請求していただくか、学校にお問い合わせください。

連絡先/担当者

TEL  :0776-59-2200 FAX  :0776-59-2205

Loading ...
資料請求する

新着求人情報

もっと見る

理学療法士・ 作業療法士ブログ

もっと見る

コミュニティ更新情報

もっと見る

ログイン

Information

【療法士.com主催セミナー】

毎月開催! 超一流講師による理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のための療コムセミナー

【リハ学生必見☆】授業とは違った刺激を!リハ学生無料枠対象セミナー

【お役立ちコラム】

リハビリテーション評価用紙

 各種リハビリテーション評価用紙が”無料”でダウンロード可能

療法士コラム

スペシャリスト療法士に”なるには?”の秘訣が満載

療法士の国試過去問

療法士の国家試験の過去の問題の一部、解答・解説付きで公開中!

療法士おススメ体験記

 ”療法士ならでは”の目線でセミナー紹介記事を掲載

オープンキャンパス取材レポ

 ”現役療法士の編集部”が各リハビリ養成校の魅力を紹介

療法士インタビュー

現場で活躍する療法士の”生の声”をお届け

療法士おススメ書籍

現場で“本当に使える書籍”を、療法士ブロガー認定書として紹介

What’s 療法士

 ”現役療法士監修”のもと療法士を目指す方の疑問を解決

社長・編集長コラム

療法士.comを運営する社長と編集長による”業界を想うコラム”

 

【療法士.com公式FBページ】

療法士.comの公式Facebookページ。サイトに関する様々なご意見やご感想お待ちしています!

【療法士.com YouTubeページ】

療法士.com モバイル版

療法士.com モバイル版