理学療法士・作業療法士のための求人・学校探し・セミナーなど総合お役立ちサイト – 療法士.com

TOP >  理学療法士・作業療法士養成校 >  栃木県 >  国際医療福祉大学
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 
国際医療福祉大学

国際医療福祉大学

●大田原キャンパス(保健医療学部:理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚学科)

●小田原キャンパス(小田原保健医療学部:理学療法学科、作業療法学科)

●大川キャンパス(福岡保健医療学部*:理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚学科)*2013年4月、学部名は現在の福岡リハビリテーション学部から変更

500万円台以上 特別推薦・特待生 社会人推薦 面接/小論文のみ AO入試 入学金少額 奨学金制度有 寮制度有 
 

「チーム医療・チームケア」に貢献できる新時代の医療福祉専門職を育成

国際医療福祉大学は、病気や障害を持つ人も健常な人もお互いに認め合って暮らせる「共に生きる社会」の実現を建学の精神に掲げ、1995年、栃木県大田原市に開学しました。現在、大田原市のほか、神奈川県小田原市、福岡県福岡市と大川市に4つのキャンパス、6学部15学科を展開し、医療福祉の総合大学という特長を活かした「チーム医療・チームケア」教育に力を入れています。2013年4月には、大川キャンパスに臨床検査技師を養成する「医学検査学科」を新設します。
また、4つの附属病院をはじめ全国各地に関連施設を有し、充実した実習環境を整備しています。
国家試験合格率、就職率とも常にトップクラスを維持しており、毎日新聞社発行の週刊誌・サンデー毎日が発表する大学就職率ランキングでは、2010年〜2012年の3年連続で私立大学全国1位となりました(卒業者数1,000人以上の大学)。 

資料請求する

学ぶ内容・カリキュラム

チーム医療・チームケアを体験する先進的カリキュラム
「関連職種連携教育」 

関連職種連携教育の様子

全学科が横断的に連携して1つのチームをつくり、講義のみならず医療福祉現場で実習まで行うことにより、学生のうちから「チーム医療・チームケア」を体験できる関連職種連携教育を実施しています。体系化されたカリキュラムの中で、学生は異なる職種への理解を深め、他の専門職とのコミュニケーション能力も身につけます。

就職活動支援、実績

就職に強い大学

国家試験対策にも熱が入る

国際医療福祉大学では、学内組織の就職委員会を中心に就職支援を行っています。「就職ガイダンス」の実施をはじめ、各病院・企業などの求人票をデータベース化。学生は自由に閲覧できます。授業内容も就職意識と自己表現力の向上を図った工夫をこらし、各種キャリア支援セミナーや関連就職説明会を開催しています。
2012年3月卒業生の就職率は99.4%(就職者数1,111人、就職希望者数1,118人、2012年5月15日現在)を達成しました。全国から集まった求人数は83,847人で、学生1人あたり約74人の計算となります。毎年高い就職率を誇る本学は、毎日新聞社発行の週刊誌・サンデー毎日の大学就職率ランキングで、2010年〜2012年の3年連続で、私立大学全国1位を獲得しました(卒業者数1,000人以上の大学)。
これまでに13,000人を超える卒業生を医療福祉現場で活躍しています。 

インターンシップ・実習

4つの附属病院をはじめとする多くの学外実習施設が学生の学びをバックアップ

実習を経ることで技術に磨きがかかり自信と心構えが身に着く

国際医療福祉大学は、4つの附属病院をはじめ臨床医学研究センターという位置づけの関連施設を各地に保有し実習環境を整備。1年次から、教室で学んだ知識をスキルとして定着できるように臨地実習に力を入れています。実習の質は受け入れる施設側の意識によっても大きく変わってきます。大学と同じ意識で「チーム医療・チームケア」を実践する、そんな臨床施設で学んでいただくため、多くの附属・関連病院や福祉施設、学外臨床実習施設と密に連携しています。

資料請求する

気になる学校データ

国家試験合格率2012年3月卒業生データ
●大田原キャンパス
理学療法学科:98.0%
作業療法学科:92.1%
言語聴覚学科:90.5%

●小田原キャンパス
理学療法学科:100%
作業療法学科:91.8%

●大川キャンパス
理学療法学科:96.9%
作業療法学科:100%
言語聴覚学科:77.8%
予想入試倍率気になる学校データ

予想入試倍率を入力してください
奨学金、給付割合「国際医療福祉大学年間成績優秀賞」「国際医療福祉大学学生支援基金奨学金」「あいおいニッセイ同和損害保険(株)奨学金」といった、本学独自の奨学金の他に、日本学生支援機構奨学金、自治体や財団の奨学金も利用でき、例年約4割の学生が何らかの奨学金制度を利用しています。
ただし、奨学金によっては、年度により募集の有無、募集形態等が様々ですので、詳細は入学後、各キャンパス学生課の掲示で必ずご確認ください。
入学前に確認したい場合は、大田原キャンパス学生課(TEL.0287-24-3003)までお問い合わせください
*奨学金制度は入学後に申請・審査・決定となるため、入学前に貸与されるものではありません。
トータル学費5,900,000円
教科書代、実習費・各学部とも上記以外に、教育後援会年会費として毎年次30,000円が必要です。
・福岡保健医療学部では、独自に実施する海外研修のための費用として、上記以外に毎年次50,000円(4年次を除く)が必要です。
寮、寮費大田原キャンパス(栃木県)に学生寮を整備しました。但し、生活に困窮する学生が対象です。詳細は大田原キャンパス学生課(TEL.0287-24-3003)にお問い合わせください。また、各キャンパスの周辺には学生向けのアパート、マンションが多数用意されています。本学が直接アパートを紹介することはありませんが、合格者には、不動産業者の連絡先一覧を配布しています。
卒業時にくる求人数、求人倍率求人合計=83.847
(学生一人あたり約74人の求人)
就職先実績国際医療福祉大学がこれまでに送り出した卒業生は13,000人を超え、卒業生は全国各地の医療福祉現場で活躍しています。毎年ほぼ100%の就職率を誇る本学は、毎日新聞発行の週刊誌・サンデー毎日が発表する大学就職率ランキングで、2010年〜2012年まで3年連続して私立大学全国1位を獲得しました。
―就職先例(2012年3月卒業生)―
国際医療福祉大学病院/国際医療福祉大学塩谷病院/国際医療福祉大学熱海病院/国際医療福祉大学三田病院/化学療法研究所附属病院/医療法人財団順和会山王病院/国立がん研究センター中央病院/岩手医科大学附属病院/山形済生病院/秋田県立病院機構秋田県立脳血管研究センター/東北大学病院/自治医科大学附属病院/茨城県立中央病院/長野県立総合リハビリテーションセンター/東邦大学医療センター大森病院/昭和大学病院/三井記念病院/国家公務員共済組合連合会虎の門病院/帝京大学医学部附属病院/聖マリアンナ医科大学病院/放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院/国立国際医療研究センター/厚生労働省中国四国厚生局/社会福祉法人希望の家/介護老人保健施設アゼリアホーム/埼玉県社会福祉事業団/足立区社会福祉協議会/イオンリテール(株)、味の素製薬(株)、日本郵政(株) ほか多数

募集要項

【保健医療学部】理学療法学科・作業療法学科・言語聴覚学科

募集人員・理学療法学科80名
・作業療法学科80名
・言語聴覚学科80名
年制4年制
授業時間9時〜19時30分
授業時間は1時限(1コマ)が90分です。
※講義・実習の都合により、授業時間が変更される場合があります。
※授業は原則月曜日〜金曜日ですが、土曜日に、集中講義・特別講義・補講・実習が行われることがあります。
取得資格下記資格の国家試験受験資格
●理学療法学科:理学療法士
●作業療法学科:作業療法士
●言語聴覚学科:言語聴覚士
入試種別●AO入試
●高校推薦入試 [公募制・指定校制]
●特待生特別選抜入試
●一般入試 (前期/後期)
●大学入試センター試験利用入試?期
●帰国生徒特別選抜入試
●社会人特別選抜入試 (第1回/第2回)
●留学生特別選抜入試 (第1回/第2回/第3回/第4回)
●東北太平洋沿岸地域支援特別入試
受験資格●AO入試
本学を専願し、次のすべての条件を満たす者
(1)平成25年3月高等学校または中等教育学校を卒業見込みの者※1
(2)将来、医療福祉専門職への進路希望が明確な者
※1 平成24年度高等学校卒業程度認定試験合格(見込み)者(平成25年4月1日現在で満18歳の者に限る。)で出願を希望する者は、出願に際して、事前に必ず大田原キャンパス入試事務室(TEL:0287−24−3200)まで問い合わせてください。


●高校推薦入試 [公募制]
本学を専願し、次のすべての条件を満たす者
(1)高等学校または中等教育学校を平成24年3月に卒業した者、および平成25年3月卒業見込みの者
(2)高等学校または中等教育学校(後期課程)での全体の評定平均値が3.5以上の者
(3)出身学校長が推薦した者

<高校推薦入試[指定校制]の詳細については、各指定校宛に直接通知します。>


●特待生特別選抜入試/一般入試 (前期/後期)
次の条件のいずれかに該当する者
(1) 高等学校または中等教育学校を卒業した者、および平成25年3月卒業見込みの者
(2) 通常の課程による12年の学校教育を修了した者、および平成25年3月修了見込みの者
(3) 学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、および平成25年3月31日までにこれに該当する見込みの者※1
※1 個別入学資格審査については、本学ホームページの入試情報(http://www.iuhw.ac.jp/admission/)を確認してください。


●大学入試センター試験利用入試?期
次の条件のいずれかに該当する者で、平成25年度大学入試センター試験を受験する者
(1) 高等学校または中等教育学校を卒業した者、および平成25年3月卒業見込みの者
(2) 通常の課程による12年の学校教育を修了した者、および平成25年3月修了見込みの者
(3) 学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、および平成25年3月31日までにこれに該当する見込みの者※1
※1 個別入学資格審査については、本学ホームページの入試情報(http://www.iuhw.ac.jp/admission/)を確認してください。


●帰国生徒特別選抜入試
本学を専願し、平成25年4月1日現在で満18歳以上となる日本国籍を有する者のうち、次のいずれかの条件を満たす者
(1) 海外において、外国の教育制度に基づく12年の課程、または文部科学大臣の指定した在外教育施設に2年以上継続して在学し、卒業(修了)および卒業(修了)見込みの者
(2) 海外において、外国の教育制度に基づく12年の課程、または文部科学大臣の指定した在外教育施設に中学・高等学校を通じて2年以上継続して在学し、帰国後、日本の高等学校または中等教育学校を卒業および卒業見込みの者


●社会人特別選抜入試 (第1回/第2回)
本学を専願し、次のいずれかの条件を満たす者
(1) 社会人
ア. 高等学校または中等教育学校卒業後、保健・医療・福祉分野の施設等において、出願時点で1年以上の職務経験(パートタイム・アルバイト等は除く。)を有する者
イ. 大学入学資格を有し、平成25年4月1日現在で満25歳以上であり、かつ、出願時点で2年以上の職務経験(パートタイム・アルバイト等は除く。)を有する者
(2) 大学卒業(見込み)者
4年制大学卒業者または平成25年3月卒業見込みの者、およびそれと同等の資格を有する者
(3) 国家資格保持者
大学入学資格を有し、次のいずれかの国家資格を有する者
看護師、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、診療放射線技師、医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、臨床工学技士、義肢装具士、管理栄養士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、社会福祉士、精神保健福祉士
(4) 特殊技能に優れた者
スポーツや芸術などの分野での特殊技能に優れた者で、大学入学資格を有する者(社会人)


●留学生特別選抜入試 (第1回/第2回/第3回/第4回)
次のすべての条件を満たす者
(1) 2013年4月1日現在で満18歳以上となる日本国籍以外の者
(2)外国において通常の課程による12年以上の学校教育を修了した者(2013年3月31日までに修了見込みの者を含む)、またはこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。ただし、12年の課程のうち、日本の学校教育法に基づく小学校、中学校、高等学校、中等教育学校に在学した期間が通算3年以内である場合も資格を有するものとする。
※日本にある外国人学校や文部科学大臣が認定した在外教育施設に在学した場合は、その在学期間を日本の学校教育法に基づく小学校、中学校、高等学校、中等教育学校に在学した者と同様に扱います。
(3)入学時までに出入国管理及び難民認定法において「留学」の在留資格を取得できる者
(4)日本語での授業を受けるのに差し支えない程度の日本語能力を有する者
(5)独立行政法人日本学生支援機構による「日本留学試験」を2011年6月から2012年11月の間に受験している者(必ず「日本語」を受験していること)
※日本留学試験を複数回受験している場合は、いずれか1回分を志願者が選択してください。
※日本留学試験が受験できない日本国外の国から出願をする場合は、出願前2年以内に「日本語能力試験」のN2以上を受験し、その成績を証明する書類を提出できる者に限り出願を認めます(日本留学試験が実施されていない国に在住している者に限る)。


●東北太平洋沿岸地域支援特別入試
次のすべての条件を満たす者
(1)青森県、岩手県、宮城県、福島県に所在する高等学校または中等教育学校を平成25年3月卒業見込みの者
(2)高等学校または中等教育学校在学中の成績、人物ともに良好であり、出身学校長が推薦した者
受験料●AO入試
●高校推薦入試 [公募制・指定校制]
●特待生特別選抜入試
●一般入試 (前期/後期)
●帰国生徒特別選抜入試
●社会人特別選抜入試 (第1回/第2回)
●留学生特別選抜入試 (第1回/第2回/第3回/第4回)
⇒上記入試区分の入学検定料 30,000円

●大学入試センター試験利用入試?期
⇒入学検定料 20,000円

●東北太平洋沿岸地域支援特別入試
⇒入学検定料はいただきません。

●入学検定料の割引制度
複数回受験した場合でも割引制度を利用することで、受験の機会を増やし、入学検定料の負担を軽くすることができます。

<入学検定料が割引になる出願パターン>
?一般入試前期A日程とB日程を、1枚の志願票で同じ学部に出願した場合
⇒50,000円【10,000円割引】

?一般入試前期A日程とB日程に加え、大学入試センター試験利用入試?期を1枚の志願票で同じ学部に出願した場合
⇒60,000円【20,000円割引】

?特待生特別選抜入試の出願開始前までに本学の入試で合格し、入学手続をした方※が特待生特別選抜入試を受験する場合
⇒10,000円【20,000円割引】
※割引対象者:AO入試、高校推薦入試[公募制・指定校制]、帰国生徒特別選抜入試、第1回社会人特別選抜入試、第1回・第2回留学生特別選抜入試、東北太平洋沿岸地域支援特別入試の入学手続者

●被災受験生に対する経済的進学支援

□入学検定料・入学金免除
平成25年度入試志願者のうち、震災ならびに原発事故により被災し、本学が規定する対象者資格を満たす方に対し、入学検定料・入学金を免除します。

<被災受験生に対する経済的進学支援の詳細は、2013年度学生募集要項P.1をご確認ください。>
試験科目☆AO入試
理学療法学科:小論文、個人面接(約10分〜15分)
作業療法学科:小論文、個人面接(約10分〜20分)
言語聴覚学科:グループディスカッション、小論文、個人面接(約10分〜15分)


☆高校推薦入試 [公募制]
一般常識試験(マークシート方式)、小論文(600字以内)、個人面接(約5分~10分)
一般常識試験は、英語・国語・数学・社会(時事問題を含む)の各分野の基礎的な知識、思考力を問う内容です。


☆高校推薦入試 [指定校制]
高校推薦入試[指定校制]の詳細については、各指定校宛に直接通知します。
指定の有無や詳細については、各高校進路指導室にて確認してください。


☆特待生特別選抜入試/一般入試 前期
必須
●英語?・英語? (マークシート方式)
●小論文 (600字以内)
選択(7科目より1科目選択(マークシート方式))
○国語総合 [古文、漢文を除く]
○日本史B
○数学?・数学A
○数学?・数学B [数学Bは数列、ベクトル]
○物理? 
○化学? 
○生物?


☆一般入試 後期
英語?・英語? (マークシート方式)、個人面接 (約5分~10分)


☆大学入試センター試験利用入試?期
必須
●英語[リスニングを除く]
選択(9科目のうち高得点の2科目を合否判定の対象とします。)
○国語[近代以降の文章]
○日本史B 
○世界史B 
○現代社会
○数学?・数学A 
○数学?・数学B
○物理? 
○化学? 
○生物?


★特別選抜入試(帰国生徒・社会人・留学生)
☆帰国生徒特別選抜入試
各学科とも、高校推薦入試[公募制]と同じ選抜方式で実施します。


☆社会人特別選抜入試(第1回/第2回)
小論文(800字以内)、個人面接(約15分)

☆留学生特別選抜入試(第1回/第2回/第3回/第4回)
日本留学試験の結果、小論文(600字以内)、個人面接(約15分〜30分)

☆東北太平洋沿岸地域支援特別入試
英語?・英語? (マークシート方式)、小論文(600字以内)
出願期間●AO入試
 8月27日(月)〜 9月 7日(金)[消印有効]

●高校推薦入試[公募制・指定校制]
11月 1日(木)〜11月 9日(金)[消印有効]

●特待生特別選抜入試 
11月26日(月)〜12月 7日(金)[消印有効]

●一般入試前期
 1月 4日(金)〜 1月21日(月)[消印有効]
 1月22日(火)のみ窓口受付

●一般入試後期
 2月14日(木)〜 2月26日(火)[消印有効]
 2月27日(水)のみ窓口受付

●大学入試センター試験利用入試?期
 1月 4日(金)〜 1月21日(月)[消印有効]
 1月22日(火)のみ窓口受付

●帰国生徒特別選抜入試
11月 1日(木)〜11月 9日(金)[消印有効]

●第1回社会人特別選抜入試
 8月27日(月)〜 9月19日(水)[消印有効]

●第2回社会人特別選抜入試 
1月 4日(金)〜 1月23日(水)[消印有効]

●第1回留学生特別選抜入試  
 8月27日(月)〜 9月19日(水)[消印有効]

●第2回留学生特別選抜入試 
9月24日(月)〜10月19日(金)[消印有効]

●第3回留学生特別選抜入試  
 10月29日(月)〜11月20日(火)[消印有効]

●第4回留学生特別選抜入試 
1月 4日(金)〜 1月23日(水)[消印有効]

●東北太平洋沿岸地域支援特別入試
 9月12日(水)〜 9月26日(水)[消印有効]
試験日●AO入試             9月15日(土)
●高校推薦入試[公募制・指定校制]11月17日(土)
●特待生特別選抜入試       12月15日(土)
●一般入試前期       A日程:1月28日(月)
              B日程:1月30日(水)
●一般入試後期           3月 5日(火)
●大学入試センター試験利用入試?期  個別学力検査等は課さない※
 ※センター試験の成績を合否判定に使用する
●帰国生徒特別選抜入試      11月17日(土)
●第1回社会人特別選抜入試    10月 3日(水)
●第2回社会人特別選抜入試     2月 9日(土)
●第1回留学生特別選抜入試    10月 3日(水)
●第2回留学生特別選抜入試    11月 7日(水)
●第3回留学生特別選抜入試    12月 5日(水)
●第4回留学生特別選抜入試     2月 9日(土)
●東北太平洋沿岸地域支援特別入試 10月 6日(土)

【小田原保健医療学部】理学療法学科・作業療法学科

募集人員・理学療法学科40名
・作業療法学科40名
年制4年制
授業時間9時〜17時50分
授業は、1限(1コマ)が90分になります。
授業は原則月曜日〜金曜日の1〜5限(上記時間)ですが、一部6限(18時〜19時30分)の授業や、土曜日に集中講義・特別講義・補講・実習などが行われることがあります。
※講義・実習の都合により、授業時間が変更されることがあります。
取得資格下記資格の国家試験受験資格
●理学療法学科:理学療法士
●作業療法学科:作業療法士
入試種別●高校推薦入試 [公募制・指定校制]
●特待生特別選抜入試
●一般入試 (前期/後期)
●大学入試センター試験利用入試?期
●帰国生徒特別選抜入試
●社会人特別選抜入試 (第1回/第2回)
●留学生特別選抜入試 (第1回/第2回/第3回/第4回)
受験資格●高校推薦入試 [公募制]
本学を専願し、次のすべての条件を満たす者
(1)高等学校または中等教育学校を平成24年3月に卒業した者、および平成25年3月卒業見込みの者
(2)高等学校または中等教育学校(後期課程)での全体の評定平均値が3.5以上の者
(3)出身学校長が推薦した者

<高校推薦入試[指定校制]の詳細については、各指定校宛に直接通知します。>


●特待生特別選抜入試/一般入試 (前期/後期)
次の条件のいずれかに該当する者
(1) 高等学校または中等教育学校を卒業した者、および平成25年3月卒業見込みの者
(2) 通常の課程による12年の学校教育を修了した者、および平成25年3月修了見込みの者
(3) 学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、および平成25年3月31日までにこれに該当する見込みの者※1
※1 個別入学資格審査については、本学ホームページの入試情報(http://www.iuhw.ac.jp/admission/)を確認してください。


●大学入試センター試験利用入試?期
次の条件のいずれかに該当する者で、平成25年度大学入試センター試験を受験する者
(1) 高等学校または中等教育学校を卒業した者、および平成25年3月卒業見込みの者
(2) 通常の課程による12年の学校教育を修了した者、および平成25年3月修了見込みの者
(3) 学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、および平成25年3月31日までにこれに該当する見込みの者※1
※1 個別入学資格審査については、本学ホームページの入試情報(http://www.iuhw.ac.jp/admission/)を確認してください。


●帰国生徒特別選抜入試
本学を専願し、平成25年4月1日現在で満18歳以上となる日本国籍を有する者のうち、次のいずれかの条件を満たす者
(1) 海外において、外国の教育制度に基づく12年の課程、または文部科学大臣の指定した在外教育施設に2年以上継続して在学し、卒業(修了)および卒業(修了)見込みの者
(2) 海外において、外国の教育制度に基づく12年の課程、または文部科学大臣の指定した在外教育施設に中学・高等学校を通じて2年以上継続して在学し、帰国後、日本の高等学校または中等教育学校を卒業および卒業見込みの者


●社会人特別選抜入試 (第1回/第2回)
本学を専願し、次のいずれかの条件を満たす者
(1) 社会人
ア. 高等学校または中等教育学校卒業後、保健・医療・福祉分野の施設等において、出願時点で1年以上の職務経験(パートタイム・アルバイト等は除く。)を有する者
イ. 大学入学資格を有し、平成25年4月1日現在で満25歳以上であり、かつ、出願時点で2年以上の職務経験(パートタイム・アルバイト等は除く。)を有する者
(2) 大学卒業(見込み)者
4年制大学卒業者または平成25年3月卒業見込みの者、およびそれと同等の資格を有する者
(3) 国家資格保持者
大学入学資格を有し、次のいずれかの国家資格を有する者
看護師、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、診療放射線技師、医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、臨床工学技士、義肢装具士、管理栄養士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、社会福祉士、精神保健福祉士
(4) 特殊技能に優れた者
スポーツや芸術などの分野での特殊技能に優れた者で、大学入学資格を有する者(社会人)


●留学生特別選抜入試 (第1回/第2回/第3回/第4回)
次のすべての条件を満たす者
(1) 2013年4月1日現在で満18歳以上となる日本国籍以外の者
(2)外国において通常の課程による12年以上の学校教育を修了した者(2013年3月31日までに修了見込みの者を含む)、またはこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。ただし、12年の課程のうち、日本の学校教育法に基づく小学校、中学校、高等学校、中等教育学校に在学した期間が通算3年以内である場合も資格を有するものとする。
※日本にある外国人学校や文部科学大臣が認定した在外教育施設に在学した場合は、その在学期間を日本の学校教育法に基づく小学校、中学校、高等学校、中等教育学校に在学した者と同様に扱います。
(3)入学時までに出入国管理及び難民認定法において「留学」の在留資格を取得できる者
(4)日本語での授業を受けるのに差し支えない程度の日本語能力を有する者
(5)独立行政法人日本学生支援機構による「日本留学試験」を2011年6月から2012年11月の間に受験している者(必ず「日本語」を受験していること)
※日本留学試験を複数回受験している場合は、いずれか1回分を志願者が選択してください。
※日本留学試験が受験できない日本国外の国から出願をする場合は、出願前2年以内に「日本語能力試験」のN2以上を受験し、その成績を証明する書類を提出できる者に限り出願を認めます(日本留学試験が実施されていない国に在住している者に限る)。
受験料●高校推薦入試 [公募制・指定校制]
●特待生特別選抜入試
●一般入試 (前期/後期)
●帰国生徒特別選抜入試
●社会人特別選抜入試 (第1回/第2回)
●留学生特別選抜入試 (第1回/第2回/第3回/第4回)
⇒上記入試区分の入学検定料 30,000円

●大学入試センター試験利用入試?期
⇒入学検定料 20,000円

●入学検定料の割引制度
複数回受験した場合でも割引制度を利用することで、受験の機会を増やし、入学検定料の負担を軽くすることができます。

<入学検定料が割引になる出願パターン>
?一般入試前期A日程とB日程を、1枚の志願票で同じ学部に出願した場合
⇒50,000円【10,000円割引】

?一般入試前期A日程とB日程に加え、大学入試センター試験利用入試?期を1枚の志願票で同じ学部に出願した場合
⇒60,000円【20,000円割引】

?特待生特別選抜入試の出願開始前までに本学の入試で合格し、入学手続をした方※が特待生特別選抜入試を受験する場合
⇒10,000円【20,000円割引】
※割引対象者:高校推薦入試[公募制・指定校制]、帰国生徒特別選抜入試、第1回社会人特別選抜入試、第1回・第2回留学生特別選抜入試の入学手続者

●被災受験生に対する経済的進学支援

□入学検定料・入学金免除
平成25年度入試志願者のうち、震災ならびに原発事故により被災し、本学が規定する対象者資格を満たす方に対し、入学検定料・入学金を免除します。

<被災受験生に対する経済的進学支援の詳細は、2013年度学生募集要項P.1をご確認ください。>
試験科目☆高校推薦入試 [公募制]
一般常識試験(マークシート方式)、小論文(600字以内)、個人面接(約5分〜10分)
一般常識試験は、英語・国語・数学・社会(時事問題を含む)の各分野の基礎的な知識、思考力を問う内容です。


☆高校推薦入試 [指定校制]
高校推薦入試[指定校制]の詳細については、各指定校宛に直接通知します。
指定の有無や詳細については、各高校進路指導室にて確認してください。


☆特待生特別選抜入試/一般入試 前期
必須
●英語?・英語? (マークシート方式)
●小論文 (600字以内)
選択(6科目より1科目選択(マークシート方式))
○国語総合 [古文、漢文を除く]
○数学?・数学A
○数学?・数学B [数学Bは数列、ベクトル]
○物理? 
○化学? 
○生物?


☆一般入試 後期
英語?・英語? (マークシート方式) 、個人面接 (約5分〜10分)


☆大学入試センター試験利用入試?期
必須
●英語[リスニングを除く]
選択(9科目のうち高得点の2科目を合否判定の対象とします。)
○国語[近代以降の文章]
○日本史B 
○世界史B 
○現代社会
○数学?・数学A 
○数学?・数学B
○物理? 
○化学? 
○生物?



★特別選抜入試(帰国生徒・社会人・留学生)
☆帰国生徒特別選抜入試
各学科とも、高校推薦入試[公募制]と同じ選抜方式で実施します。

☆社会人特別選抜入試(第1回/第2回)
小論文(800字以内)、個人面接(約15分)

☆留学生特別選抜入試(第1回/第2回/第3回/第4回)
日本留学試験の結果、小論文(600字以内)、個人面接(約15分〜30分)
出願期間●高校推薦入試[公募制・指定校制]
11月 1日(木)〜11月 9日(金)[消印有効]

●特待生特別選抜入試
11月26日(月)〜12月 7日(金)[消印有効]

●一般入試前期
 1月 4日(金)〜 1月21日(月)[消印有効]
 1月22日(火)のみ窓口受付

●一般入試後期
 2月14日(木)〜 2月26日(火)[消印有効]
 2月27日(水)のみ窓口受付

●大学入試センター試験利用入試?期   
 1月 4日(金)〜 1月21日(月)[消印有効]
 1月22日(火)のみ窓口受付

●帰国生徒特別選抜入試   
11月 1日(木)〜11月 9日(金)[消印有効]

●第1回社会人特別選抜入試  
 8月27日(月)〜 9月19日(水)[消印有効]

●第2回社会人特別選抜入試 
1月 4日(金)〜 1月23日(水)[消印有効]

●第1回留学生特別選抜入試  
 8月27日(月)〜 9月19日(水)[消印有効]

●第2回留学生特別選抜入試 
11月1日(木)〜11月9日(金)[消印有効]

●第3回留学生特別選抜入試  
 11月26日(月)〜12月7日(金)[消印有効]

●第4回留学生特別選抜入試 
1月 4日(金)〜 1月23日(水)[消印有効]
試験日●高校推薦入試[公募制・指定校制]11月17日(土)
●特待生特別選抜入試       12月15日(土)
●一般入試前期       A日程:1月29日(火)
              B日程:1月31日(木)
●一般入試後期           3月 5日(火)
●大学入試センター試験利用入試?期  個別学力検査等は課さない※
 ※センター試験の成績を合否判定に使用する
●帰国生徒特別選抜入試      11月17日(土)
●第1回社会人特別選抜入試    10月 3日(水)
●第2回社会人特別選抜入試     2月 9日(土)
●第1回留学生特別選抜入試    10月 3日(水)
●第2回留学生特別選抜入試    11月17日(土)
●第3回留学生特別選抜入試    12月15日(土)
●第4回留学生特別選抜入試     2月 9日(土)

【福岡保健医療学部】理学療法学科・作業療法学科・言語聴覚学科

募集人員・理学療法学科80名
・作業療法学科40名
・言語聴覚学科40名
年制 4年制
授業時間9時〜17時50分
授業は、1限(1コマ)が90分になります。
授業は原則月曜日〜金曜日の1〜5限(上記時間)ですが、一部6限(18時〜19時30分)の授業や、土曜日に集中講義・特別講義・補講・実習などが行われることがあります。
※講義・実習の都合により、授業時間が変更されることがあります。
取得資格下記資格の国家試験受験資格
●理学療法学科:理学療法士
●作業療法学科:作業療法士
●言語聴覚学科:言語聴覚士
入試種別●AO入試
●高校推薦入試 [公募制・指定校制]
●特待生特別選抜入試
●一般入試 (前期/後期)
●大学入試センター試験利用入試 (?期/?期)
●帰国生徒特別選抜入試
●社会人特別選抜入試 (第1回/第2回)
●留学生特別選抜入試 (第1回/第2回/第3回/第4回)
受験資格●AO入試
本学を専願し、志望学科に対して高い志望動機・意欲を有し、次のいずれかの条件を満たす者
(1)高等学校または中等教育学校を卒業した者、および平成25年3月卒業見込みの者
(2)通常の過程による12年の学校教育を修了した者、および平成25年3月修了見込みの者
(3)学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、および平成25年3月31日までにこれに該当する見込みの者※1
 ※1 個別入学資格審査については、本学ホームページの入試情報(http://www.iuhw.ac.jp/admission/)を確認してください。


●高校推薦入試 [公募制]
本学を専願し、次のすべての条件を満たす者
(1)高等学校または中等教育学校を平成24年3月に卒業した者、および平成25年3月卒業見込みの者
(2)高等学校または中等教育学校(後期課程)での全体の評定平均値が3.5以上の者
(3)出身学校長が推薦した者

<高校推薦入試[指定校制]の詳細については、各指定校宛に直接通知します。>


●特待生特別選抜入試/一般入試 (前期/後期)
次の条件のいずれかに該当する者
(1) 高等学校または中等教育学校を卒業した者、および平成25年3月卒業見込みの者
(2) 通常の課程による12年の学校教育を修了した者、および平成25年3月修了見込みの者
(3) 学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、および平成25年3月31日までにこれに該当する見込みの者※1
※1 個別入学資格審査については、本学ホームページの入試情報(http://www.iuhw.ac.jp/admission/)を確認してください。


●大学入試センター試験利用入試 (?期/?期)
次の条件のいずれかに該当する者で、平成25年度大学入試センター試験を受験する者
(1) 高等学校または中等教育学校を卒業した者、および平成25年3月卒業見込みの者
(2) 通常の課程による12年の学校教育を修了した者、および平成25年3月修了見込みの者
(3) 学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、および平成25年3月31日までにこれに該当する見込みの者※1
※1 個別入学資格審査については、本学ホームページの入試情報(http://www.iuhw.ac.jp/admission/)を確認してください。


●帰国生徒特別選抜入試
本学を専願し、平成25年4月1日現在で満18歳以上となる日本国籍を有する者のうち、次のいずれかの条件を満たす者
(1) 海外において、外国の教育制度に基づく12年の課程、または文部科学大臣の指定した在外教育施設に2年以上継続して在学し、卒業(修了)および卒業(修了)見込みの者
(2) 海外において、外国の教育制度に基づく12年の課程、または文部科学大臣の指定した在外教育施設に中学・高等学校を通じて2年以上継続して在学し、帰国後、日本の高等学校または中等教育学校を卒業および卒業見込みの者


●社会人特別選抜入試 (第1回/第2回)
本学を専願し、次のいずれかの条件を満たす者
(1) 社会人
ア. 高等学校または中等教育学校卒業後、保健・医療・福祉分野の施設等において、出願時点で1年以上の職務経験(パートタイム・アルバイト等は除く。)を有する者
イ. 大学入学資格を有し、平成25年4月1日現在で満25歳以上であり、かつ、出願時点で2年以上の職務経験(パートタイム・アルバイト等は除く。)を有する者
(2) 大学卒業(見込み)者
4年制大学卒業者または平成25年3月卒業見込みの者、およびそれと同等の資格を有する者
(3) 国家資格保持者
大学入学資格を有し、次のいずれかの国家資格を有する者
看護師、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、診療放射線技師、医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、臨床工学技士、義肢装具士、管理栄養士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、社会福祉士、精神保健福祉士
(4) 特殊技能に優れた者
スポーツや芸術などの分野での特殊技能に優れた者で、大学入学資格を有する者(社会人)


●留学生特別選抜入試 (第1回/第2回/第3回/第4回)
次のすべての条件を満たす者
(1) 2013年4月1日現在で満18歳以上となる日本国籍以外の者
(2)外国において通常の課程による12年以上の学校教育を修了した者(2013年3月31日までに修了見込みの者を含む)、またはこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。ただし、12年の課程のうち、日本の学校教育法に基づく小学校、中学校、高等学校、中等教育学校に在学した期間が通算3年以内である場合も資格を有するものとする。
※日本にある外国人学校や文部科学大臣が認定した在外教育施設に在学した場合は、その在学期間を日本の学校教育法に基づく小学校、中学校、高等学校、中等教育学校に在学した者と同様に扱います。
(3)入学時までに出入国管理及び難民認定法において「留学」の在留資格を取得できる者
(4)日本語での授業を受けるのに差し支えない程度の日本語能力を有する者
(5)独立行政法人日本学生支援機構による「日本留学試験」を2011年6月から2012年11月の間に受験している者(必ず「日本語」を受験していること)
※日本留学試験を複数回受験している場合は、いずれか1回分を志願者が選択してください。
※日本留学試験が受験できない日本国外の国から出願をする場合は、出願前2年以内に「日本語能力試験」のN2以上を受験し、その成績を証明する書類を提出できる者に限り出願を認めます(日本留学試験が実施されていない国に在住している者に限る)。
受験料●AO入試
●高校推薦入試 [公募制・指定校制]
●特待生特別選抜入試
●一般入試 (前期/後期)
●帰国生徒特別選抜入試
●社会人特別選抜入試 (第1回/第2回)
●留学生特別選抜入試 (第1回/第2回/第3回/第4回)
⇒上記入試区分の入学検定料 30,000円

●大学入試センター試験利用入試 (?期/?期)
⇒入学検定料 20,000円

●入学検定料の割引制度
複数回受験した場合でも割引制度を利用することで、受験の機会を増やし、入学検定料の負担を軽くすることができます。

<入学検定料が割引になる出願パターン>
?一般入試前期A日程とB日程を、1枚の志願票で同じ学部に出願した場合
⇒50,000円【10,000円割引】

?一般入試前期A日程とB日程に加え、大学入試センター試験利用入試?期を1枚の志願票で同じ学部に出願した場合
⇒60,000円【20,000円割引】

?特待生特別選抜入試の出願開始前までに本学の入試で合格し、入学手続をした方※が特待生特別選抜入試を受験する場合
⇒10,000円【20,000円割引】
※割引対象者:AO入試、高校推薦入試[公募制・指定校制]、帰国生徒特別選抜入試、第1回社会人特別選抜入試、第1回・第2回留学生特別選抜入試の入学手続者

●被災受験生に対する経済的進学支援

□入学検定料・入学金免除
平成25年度入試志願者のうち、震災ならびに原発事故により被災し、本学が規定する対象者資格を満たす方に対し、入学検定料・入学金を免除します。

<被災受験生に対する経済的進学支援の詳細は、2013年度学生募集要項P.1をご確認ください。>
試験科目☆AO入試
グループディスカッション、個人面接(約10分〜15分)

☆高校推薦入試 [公募制]
選択(2科目より1科目を選択(マークシート方式))
○英語?・英語?
○国語総合[古文、漢文を除く]
必須
●個人面接(約5分〜10分)

☆高校推薦入試 [指定校制]
高校推薦入試[指定校制]の詳細については、各指定校宛に直接通知します。
指定の有無や詳細については、各高校進路指導室にて確認してください。

☆特待生特別選抜入試/一般入試 前期
必須
●英語?・英語? (マークシート方式)
選択(6科目より2科目選択(マークシート方式))
○国語総合 [古文、漢文を除く]
○数学?・数学A
○数学?・数学B [数学Bは数列、ベクトル]
○物理? 
○化学? 
○生物?

☆一般入試 後期
英語?・英語? (マークシート方式) 、個人面接(約5分〜10分)

☆大学入試センター試験利用入試 (?期/?期)
必須
●英語[リスニングを除く]
選択(9科目のうち高得点の2科目を合否判定の対象とします。)
○国語[近代以降の文章]
○日本史B 
○世界史B 
○現代社会
○数学?・数学A 
○数学?・数学B
○物理? 
○化学? 
○生物?

★特別選抜入試(帰国生徒・社会人・留学生)
☆帰国生徒特別選抜入試
各学科とも、高校推薦入試[公募制]と同じ選抜方式で実施します。

☆社会人特別選抜入試
小論文(800字以内)、個人面接(約15分)

☆留学生特別選抜入試
小論文(600字以内)、個人面接(約15分〜30分)
出願期間●AO入試
 8月27日(月)〜 9月 7日(金)[消印有効]

●高校推薦入試[公募制・指定校制]
11月 1日(木)〜11月 9日(金)[消印有効]

●特待生特別選抜入試
11月26日(月)〜12月 7日(金)[消印有効]

●一般入試前期
 1月 4日(金)〜 1月23日(水)[消印有効]
 1月24日(木)のみ窓口受付

●一般入試後期     
 2月14日(木)〜 2月26日(火)[消印有効]
 2月27日(水)のみ窓口受付

●大学入試センター試験利用入試?期   
 1月 4日(金)〜 1月23日(水)[消印有効]
 1月24日(木)のみ窓口受付

●大学入試センター試験利用入試?期
 3月 5日(火)〜 3月12日(火)[消印有効]

●帰国生徒特別選抜入試
11月 1日(木)〜11月 9日(金)[消印有効]

●第1回社会人特別選抜入試
 8月27日(月)〜 9月 7日(金)[消印有効]

●第2回社会人特別選抜入試
1月 4日(金)〜 1月23日(水)[消印有効]

●第1回留学生特別選抜入試
 8月27日(月)〜 9月 7日(金)[消印有効]

●第2回留学生特別選抜入試
11月1日(木)〜11月 9日(金)[消印有効]

●第3回留学生特別選抜入試
11月26日(月)〜12月 7日(金)[消印有効]

●第4回留学生特別選抜入試
1月 4日(金)〜 1月23日(水)[消印有効]
試験日●AO入試             9月15日(土)
●高校推薦入試[公募制・指定校制]11月17日(土)
●特待生特別選抜入試       12月15日(土)
●一般入試前期       A日程:1月31日(木)
              B日程:2月 3日(日)
●一般入試後期           3月 5日(火)
●大学入試センター試験利用入試?期  個別学力検査等は課さない※
●大学入試センター試験利用入試?期  個別学力検査等は課さない※
※センター試験の成績を合否判定に使用する
●帰国生徒特別選抜入試      11月17日(土)
●第1回社会人特別選抜入試     9月15日(土)
●第2回社会人特別選抜入試     2月 3日(日)
●第1回留学生特別選抜入試     9月15日(土)
●第2回留学生特別選抜入試    11月17日(土)
●第3回留学生特別選抜入試    12月15日(土)
●第4回留学生特別選抜入試     2月 3日(日)

学校情報

学校名国際医療福祉大学
法人名学校法人国際医療福祉大学
沿革1994年(平成6年)
12月 「学校法人 国際医療福祉大学」ならびに「国際医療福祉大学」設置認可
1995年(平成7年)
4月 国際医療福祉大学開学・保健学部開設
1997年(平成9年)
3月 言語聴覚センター開設
4月 医療福祉学部開設
5月 国際医療福祉大学クリニック開設
1998年(平成10年)
4月 「通信・放送機構(TAO)那須遠隔リハビリリサーチセンター」開設
10月 国際医療福祉総合研究所開設
1999年(平成11年)
4月 国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科保健医療学専攻(修士課程)開設
2000年(平成12年)
4月 国際医療福祉リハビリテーションセンター開設
2001年(平成13年)
4月 大学院保健医療学専攻(博士課程)及び医療福祉経営専攻(修士課程)開設
4月 大学院サテライトキャンパス開設
2002年(平成14年)
4月 保健学部視機能療法学科及び医療福祉学部医療福祉学科介護福祉士コース開設
7月 国際医療福祉大学附属熱海病院開設
2003年(平成15年)
4月 おおたわら総合在宅ケアセンター開設
2004年(平成16年)
4月 乃木坂スクール開講
2005年(平成17年)
3月 国際医療福祉大学附属三田病院開設
4月 薬学部(栃木県大田原市)、リハビリテーション学部(福岡県大川市)開設
10月 創立10周年記念式典開催
2006年(平成18年)
4月 薬学部(6年制)、小田原保健医療学部(神奈川県小田原市)開設
2007年(平成19年)
2月 国際医療福祉病院を本学附属病院とし、国際医療福祉大学病院に改称
同時に介護老人保健施設マロニエ苑、にしなすの総合在宅ケアセンターも
本学附属施設となる
2月 国際医療福祉大学附属熱海病院を国際医療福祉大学熱海病院に、
国際医療福祉大学附属三田病院を国際医療福祉大学三田病院に改称
2月 特別養護老人ホームおおたわら風花苑開設
4月 保健学部を保健医療学部に、リハビリテーション学部を
福岡リハビリテーション学部に名称変更
4月 福岡リハビリテーション学部言語聴覚学科開設
4月 大学院修士課程臨床心理学専攻開設
2008年(平成20年)
4月 がんプロフェッショナル養成プランに基づく3コース(がん治療放射線技師コース、
がん薬物療法認定薬剤師コース、がん登録専門コース)開設
2009年(平成21年)
4月 福岡看護学部(福岡県福岡市)開設
4月 医療福祉学部の医療経営管理学科と医療福祉学科を統合し、
医療福祉・マネジメント学科開設
4月 大学院薬科学研究科医療・生命薬科学専攻(修士課程)開設
4月 国際医療福祉大学塩谷病院開設
9月 先端漢方医薬学教育研究センター設立
2010年(平成22年)
2月 国際医療福祉大学 介護老人保健施設マロニエ苑 開設20周年
4月 情緒障害児短期治療施設 那須こどもの家 開設
2011年(平成23年)
1月 国際医療福祉大学那須セミナーハウス(研修・福利厚生施設)開設
2012年(平成24年)
2月 国際医療福祉大学放射線防災研究センター(栃木県大田原市)開設
4月 大学院薬学研究科 医療・生命薬学専攻(博士課程)開設
所在地・アクセス●大田原キャンパス(栃木県)
所在地:〒324-8501 栃木県大田原市北金丸2600-1 
・JR東北新幹線・JR東北本線「那須塩原」駅下車、市営バスで約20分
※JR定期券利用通学者に、那須塩原駅⇔大田原キャンパス間の市営バス無料パス券を発行

●小田原キャンパス(神奈川県)
所在地:〒250-8588 神奈川県小田原市城山1-2-25
アクセス:JR東海道線・東海道新幹線・小田急線・大雄山線「小田原」駅から徒歩3分(小田原駅隣接)

●大川キャンパス(福岡県)
所在地:〒831-8501 福岡県大川市榎津137-1
アクセス:西鉄天神大牟田線「西鉄柳川」駅からバス約20分、JR「佐賀」駅からバス約30分

資料請求方法

資料請求方法

このサイトの資料請求ボタンより、ご請求ください。
また、下記連絡先からも資料請求が可能です。

連絡先/担当者

大田原キャンパス【保健医療学部】
〒324-8501 栃木県大田原市北金丸2600-1
入試センター 入試事務室
TEL.0287-24-3200/FAX.0284-24-3199
E-mail.nyushi@iuhw.ac.jp

小田原キャンパス【小田原保健医療学部】
〒250-8588 神奈川県小田原市城山1-2-25
小田原保健医療学部 入試事務室
TEL.0465-21-0361/FAX.0465-21-6501
E-mail.od-nyushi@iuhw.ac.jp

大川キャンパス【福岡保健医療学部】
〒831-8501 福岡県大川市榎津137-1
福岡保健医療学部 入試事務室
TEL.0944-89-2000/FAX.0944-89-2001
E-mail.reha-nyushi@iuhw.ac.jp

Loading ...
資料請求する

新着求人情報

もっと見る

理学療法士・ 作業療法士ブログ

もっと見る

コミュニティ更新情報

もっと見る

ログイン

Information

【療法士.com主催セミナー】

毎月開催! 超一流講師による理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のための療コムセミナー

【リハ学生必見☆】授業とは違った刺激を!リハ学生無料枠対象セミナー

【お役立ちコラム】

リハビリテーション評価用紙

 各種リハビリテーション評価用紙が”無料”でダウンロード可能

療法士コラム

スペシャリスト療法士に”なるには?”の秘訣が満載

療法士の国試過去問

療法士の国家試験の過去の問題の一部、解答・解説付きで公開中!

療法士おススメ体験記

 ”療法士ならでは”の目線でセミナー紹介記事を掲載

オープンキャンパス取材レポ

 ”現役療法士の編集部”が各リハビリ養成校の魅力を紹介

療法士インタビュー

現場で活躍する療法士の”生の声”をお届け

療法士おススメ書籍

現場で“本当に使える書籍”を、療法士ブロガー認定書として紹介

What’s 療法士

 ”現役療法士監修”のもと療法士を目指す方の疑問を解決

社長・編集長コラム

療法士.comを運営する社長と編集長による”業界を想うコラム”

 

【療法士.com公式FBページ】

療法士.comの公式Facebookページ。サイトに関する様々なご意見やご感想お待ちしています!

【療法士.com YouTubeページ】

療法士.com モバイル版

療法士.com モバイル版