理学療法士・作業療法士のための求人・学校探し・セミナーなど総合お役立ちサイト – 療法士.com
お役立ちコラム > インタビュー > 第34回 療法士インタビュー 「うごく喜びを共に」 リハビリ支援を! 〜北海道旭川市の起業療法士〜
Bookmark this on Yahoo Bookmark

第34回療法士インタビュー

~第34回の療法士インタビューは、北海道旭川市ではんど リハビリ支援事業所 代表の久世さんです。久世さんは、病院勤務の経験を活かし、「うごく喜びを共に」をコンセプトに起業され、現在地域リハを中心に活動・実践されている作業療法士です。今後健康産業とリハビリを結び付けるべく幅広い事業展開を考えている久世さんの熱いインタビューとなっています。~

「うごく喜びを共に」 リハビリ支援を!
~北海道旭川市の起業療法士~

はんど リハビリ支援事業所 代表
作業療法士
久世 昭宏(クセ アキヒロ)

 

 

身体だけでなく”心”まで改善できる職業に憧れて!

Q.作業療法士になろうと思ったきっかけは?

A.元々理学療法士を目指していました。理学療法士って名前もかっこいいし、リハビリって感じがするので。

しかし、リハビリのことを調べているうちに、作業療法に魅力を感じて作業療法の道に進もうと決心しました。

私が感じた作業療法の魅力は、作業を介して身体だけでなく心まで改善することが出来る。「身体だけでなく心まで!!そんな仕事があるなんて!!」そう思うと、名前のカッコよさなんてどうでもいいやって思って作業療法士になりました。

柏木正好先生との出会いが衝撃的でした

Q.作業療法士になってからの久世先生の経歴を教えてください。

A.専門学校を卒業後、学校の隣にあった旭川リハビリテーション病院に就職しました。ここは、私が就職した頃としてはセラピストの人数がかなり多く、新卒で就職した私にはうってつけでした。

また、周辺地域でも有数のリハビリ専門病院であり、脳卒中をはじめ神経難病や整形疾患など様々なリハビリに関わることが出来ました。10年選手の患者さんも多く、治療技術だけでなく社会人として多くのことを学ばせてもらいました。

して、入職して3年ほど経った頃、環境適応や活動分析研究会ご活躍されている作業療法士の柏木正好先生にお会する機会がありました。当時の私にとって先生のすることなすことすべてが衝撃的で、

「いつかは先生のように患者さんに慕われるセラピストになりたい」

と強く思うようになりました。その後、先生とお会いするたびに、作業療法に対する情熱や、作業療法の未来、後輩の育成法など様々な熱き想いをお聞きし作業療法士になって良かったと改めて感じました。

リハビリ支援アドバイザーとして「うごく喜びを共に」を提供

Q.起業したきっかけは?

A.ここ数年で、リハビリ難民という言葉を耳にするようになりました。私のいた病院も例外ではなく、180日というリハビリの日数制限の中、業務を行っていました。そんな折、患者さんのご家族から

「日数が経つと、どうしてリハビリを受けられなくなるのですか?家族としては、たとえ寝たきりでも最後まで諦めずにリハビリを続けてあげたい」。

患者さんやご家族さんの気持ちは痛いほど理解できましたが、私にはどうすることもできませんでした。

リハビリをもっとやりたい、良くなりたいという患者さんと、やってあげたいと思う私の気持ち。ここ数年間、自分の中で様々な葛藤がありました。制度を否定するわけではありません。

自分が出来る事は何か?自分がしなければならない事は何か?自問自答しているうちに、いつの間にか起業という道を選んでいました。起業を決めてから、実際に事業を始めるまではあっという間でした。というのも準備期間が4か月しかなく、自分一人で起業したので正直わけも分からず事業を開始してしまったというのが本音です。

現在は、「うごく喜びを共に」をコンセプトに、リハビリ支援アドバイザーという肩書で、様々なお客様のリハビリ支援をさせていただいております。内容は、パーソナルトレーナーとしての個別トレーニング、リハビリに関する相談や地域のボランティア活動なども行っています。背伸びをせず、自分の出来る事、自分にしかできない事をご提供させていただいております。

責任の重さ・・・


Q.ずばり、病院時代と起業してからの一番の違いは?

A.一番は、責任の重さですね。自分の行動や発言に対する責任が遥かに重くなりました。独立すると自由ですが、その反面自身で責任のとれる範囲で行動しなければなりません。

病院勤務時代には気づきませんでしたが、雇用されるということは守られることでもあるのだと感じました。現在は、軽はずみな行動や発言は信頼を失いますから気をつけています。(私はすぐ調子に乗るので(笑))

健康産業とリハビリのつながりを

Q.今後のビジョンは?

A.現在、日本において脳卒中患者は110万人超とも言われています。次回の診療報酬改定では、介護保険と医療保険を併用してのリハビリが受けられなくなるとされ、今後はリハビリ関連の健康産業が大きく成長することが予想されます。

実際に、大手フィットネス企業などがリハビリ後の支援事業ということで、リハビリ事業に乗り出しています。

れからは、リハビリ後のケア事業と病気になりにくい身体作りという観点が重要なキーワードになると思います。そういう点から、健康産業とリハビリのつながりに大きな可能性を感じ、医療や保険にとらわれない幅の広い事業展開を目指しています。

自分、そしてセラピストの可能性を信じて

Q.これから起業しようとしている療法士にメッセージを!!

A.2011年4月現在、起業・独立している理学療法士は87人で全体の1%を下回っています。(理学療法士協会HPより抜粋)

それだけ、起業・独立という分野は未開拓な部分が多く、計り知れない可能性があるということです。

私が、医療・介護という分野を飛び出し感じたことは、地域には私たち専門職を必要としている方がたくさんいる事、そして活躍できる場面もたくさんあるということです。残念な事に、私の地域ではリハビリ職の認知度はかなり低いです。

しかし、裏を返せば認知度を向上させることで、活躍できる場面が増えるということです。

今は、やりたいことがいっぱいあります。起業は、自分の夢を叶える通過点です。今後、様々な可能性を試してみたいと思っています。しかし、私一人では限界があります。志のある方、ぜひ新しい分野に踏み出してください!一緒にがんばりましょう!

セラピストの可能性は無限大です!!

編集者’s eye

久世さんの療法士インタビューいかがでしたでしょうか?

北海道旭川で、病院勤務時代の経験を活かして、「自分に出来ることは何か、しなければならないことは何か」という自問自答を繰り返す中で、リハビリ支援という形で起業をされた久世さん。

特に後半のインタビューは、インタビューを読んでいる理学療法士・作業療法士・言語聴覚士に、それぞれの職種の可能性を感じさせるようなメッセージが沢山詰まっていましたね。

「起業は、自分の夢を叶える通過点・・・」明確な夢を持っている久世さんだからこそ言えるとても素敵な言葉ですね!

久世さん、お忙しい中インタビューにお答えいただきありがとうございました。

今後も、療法士.comでは久世さんのご活動を応援させていただきます。

第33回 療法士インタビュー 「からだ」と「こころ」に対応できる理学療法士に ~未来の理学療法士を育てる教員として感じること~

 

新着求人情報

もっと見る

理学療法士・ 作業療法士ブログ

もっと見る

コミュニティ更新情報

もっと見る

ログイン

お役立ちコラム

Information

【療法士.com主催セミナー】

毎月開催! 超一流講師による理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のための療コムセミナー

【リハ学生必見☆】授業とは違った刺激を!リハ学生無料枠対象セミナー

【お役立ちコラム】

リハビリテーション評価用紙

 各種リハビリテーション評価用紙が”無料”でダウンロード可能

 ●療法士コラム

スペシャリスト療法士に”なるには?”の秘訣が満載

療法士の国試過去問

療法士の国家試験の過去の問題の一部、解答・解説付きで公開中!

療法士おススメ体験記

 ”療法士ならでは”の目線でセミナー紹介記事を掲載

オープンキャンパス取材レポ

 ”現役療法士の編集部”が各リハビリ養成校の魅力を紹介

療法士インタビュー

現場で活躍する療法士の”生の声”をお届け

療法士おススメ書籍

現場で“本当に使える書籍”を、療法士ブロガー認定書として紹介

What’s 療法士

 ”現役療法士監修”のもと療法士を目指す方の疑問を解決

社長・編集長コラム

療法士.comを運営する社長と編集長による”業界を想うコラム”

 

【療法士.com公式FBページ】

療法士.comの公式Facebookページ。サイトに関する様々なご意見やご感想お待ちしています!

【療法士.com YouTubeページ】

療法士.com モバイル版

療法士.com モバイル版