理学療法士・作業療法士のための求人・学校探し・セミナーなど総合お役立ちサイト – 療法士.com
お役立ちコラム > インタビュー > 第41回 療法士インタビュー
Bookmark this on Yahoo Bookmark

第41回 療法士インタビュー

~第41回の療法士インタビューは、

「ズバリ!熱いハートをお持ちの情熱家!」

~野田 卓也さんをお迎えしています。

野田さんとのご縁は、私どもに、直接ご挨拶の連絡をいただいたところから始まりました。

 

理学療法士が法律で定める理学療法士として活動すること。

これは言うまでもなく当たり前のことです。

この法律を前提とした理学療法士の必要性をより認知してもらうためには、従来通り、日本理学療法士協会を中心に症例発表や論文発表などで、地道に医療業界や政治へのアピールが必要ですし、現場でコツコツと患者さんの信頼を得ていくことも無論、大切になると思います。

ただ、一方で、個々の活動により、我々のスキルを活かした新しい可能性を生み出していく人がいることも大事だと思っています。

枠にとらわれ、否定から入るのではなく、型にはまらず思考し行動し続けること。

自分の人生にもゴール設定を行い、自己実現の努力を怠らないこと。個々の活動が患者さんの可能性や業界の可能性に繋がる。

そんなやりがいのある仕事に就いていることを幸せに思います。

 

 

現在、野田さんは、株式会社All about 理学療法士国家試験ガイドを担当していらっっしゃいます。

All about・・・は、皆さんもご存知かと思います。

(いろんなジャンルの専門家が それぞれのジャンルの内容をわかりやすく社会に提供するというのがご 主旨)

ぜひ、最後までお読みください!

 

 

 ~世間に対して、もっと療法士の存在を広められるような活動をしたい~

野田 卓也

(医療法人聖仁会 指宿温泉病院 リハビリテーション科 理学療法士)


 

Q.理学療法士になろうと思ったきっかけは?

A.私は高校を卒業してから、10年程、飲食業、小売業といったサービス業に従事しておりました。

来店されたお客様には一期一会の精神で、精一杯のおもてなしを心掛けて、接客する傍ら、アルバイトスタッフの指導や仕入れ・売上管理等も行っていました。

そんな折、接客中に出会ったご高齢のお客様より、病気の発症から、入院生活、そして退院に至るまでのリハビリテーションについて、お話をお伺いする機会があり、この事が理学療法士という仕事に興味をもつ、ひとつのきっかけになりました。

その後、自分なりに理学療法士という仕事について調べ、病院、施設の見学をさせて頂く機会を得ることができ、人に対し、生きる喜びのきっかけを提案できる素晴らしい仕事だと確信を得ることができました。

しかしながら、魅力的な仕事と感じる一方で、30歳を前に離職することに、いささかの抵抗を感じ、とても悩みましたが、当時、医療職として働いていた家内の後押しもあり、養成校への入学にいたりました。

 

Q.理学療法士になってからの経歴を教えてください。

A.鹿児島医療福祉専門学校を卒業後、2011年4月より 医療法人聖仁会 指宿温泉病院にて、主に脳血管障害・整形疾患・神経難病・循環器疾患・心疾患など多くの既往をお持ちの方々の維持期〜終末期のリハビリテーションに従事しております。

また、それと並行し、国家試験勉強時に欲しかったものを後に続く方々に提供したい!という考えから、個人的に2013年6月より国家試験演習問題サイト『理学療法士・作業療法士国家試験WEBで合格!』を運営。

また、学生時代より運営していたブログがきっかけで、株式会社All about 編集部様よりお声を掛けていただき、2013年2月より株式会社All about 理学療法士国家試験ガイドとして不定期に執筆活動を行っております。

 

Q.理学療法士としての臨床場面で、最も印象的なことは?

A.印象的というか、私が心掛けていることの『軸』になった出来事なのですが、来院される患者様で自主訓練に積極的な患者様がいらっしゃいます。

午前中なら午前中。午後なら午後とリハビリのない時間も休憩を入れながら自主訓練し、最後には、当院併設の温泉に入って帰られます。

その患者様とのお話の中で印象的だったのが『私はここで身体のリハビリはもちろんですが、心のリハビリを受けたことが、なによりも本当に良かったです』と、いう言葉でした。

詳しくお伺いすると、かつては障害を持ったことに悩まれ、精神的にも落ち込み塞ぎ込んでいたところを、リハビリを担当した理学療法士の言葉や存在によって救われたとの事。

それからは自分の第二の人生だから!と毎日、自主的に頑張るようになったと。私はこの方と出会うまで、心が大事と頭では理解していても、PT:physical therapistのphysicalにこだわり、身体ばかりに注目するリハビリテーションを提供し、患者様の心を動かすようなリハビリテーションを意識していませんでした。心が動かなければ、依存心を生むただの運動補助。知識、技術以前に心を大切に。

生きる喜びを大切にしたリハビリテーションを。

そんな事を教えて頂いた有難い出来事でした。

 

             

 

Q.今されている活動で、力を注いでいらっしゃることは?

A.現在、病院業務以外の活動として、大きく2つの事に力を注いでいます。

ひとつは、私自身が学生時代に感じた『勉強する為に、これがあったら助かった。』というものを開発すること。理学療法士業務と関係ないのでは?と、いったように感じると思いますが、後に続く方々に対し、

学習の取っ掛りになる環境を整えることで、よりこの仕事に興味を持ち、学習してもらうことは、業界全体で考えると良いことではないかと思っています。今の時代、個人でもインターネットの活用で、できることは多いです。

そこで、自分のアイデアを形にするために、プログラマーやナレーター等、他業種の専門家やIT企業とコンタクトをとり、学習教材の作成やホームページの作成にいたりました。

現在、スマホ向けアプリの開発についても協議中です。

 

もうひとつは、経歴でもご紹介させて頂いた、『株式会社All about理学療法士国家試験ガイド』としての執筆活動です。

この活動については、執筆依頼のお話があった時、正直なところ、とても迷いました。私には荷が重いことではないか?と。

しかし、先方より見込んでいただき、お声を掛けていただいた感謝の気持ちを大切にすること。加えて、私なりに考えている、この仕事の魅力や可能性をお伝えできるチャンスとしてお引き受けしました。

この活動を通じて、世間一般の方々対し、理学療法士をはじめセラピストの必要性やその仕事の魅力をお伝えしていきたいと思っています。

 

Q.ご自身の今後のビジョンは?

A. 第一に目の前の患者様の生活を考えること。その為の自己研鑽を行うこと。

これを考えずに他活動を優先するつもりはなく、本末転倒にならないように、根本である理学療法士という生き方を大切にします。

それを踏まえてですが、前述した二つの活動を通じ、ただ、政治的背景や医療業界の流れに身を任せるのではなく、個人レベルでも、リハビリテーションに携わる者として時代の流れを感じつつ、できることや可能性を探っていきたいと思っています。

最近では、起業されているセラピストの方も多く、治療院を開院されている方もいらっしゃれば、理学療法士の視点を活かし、高齢者や障害者に対し、機能的でありながらも、デザイン性に優れた住空間を提供する会社を起こされた方もいらっしゃいます。

こういった今までにない展開をされている方々と交流する機会を得て、理学療法士+〇〇という可能性を追求し、身体機能に応じた(予後予測も含めた)生活提案の広がりとセラピストの職域の拡大に繋がるような活動をし、それを世の中に紹介できたらと考えています。

 

Q.全国で活躍されている療法士にメッセージを!!

A.私はようやく理学療法士3年目になるような駆け出しであり、知識に関しても、技術に関してもまだまだ、学習不足、研鑽不足の身です。本来ならば、こういう場にもっとふさわしい諸先輩方がこの業界にはまだまだ、多数いらっしゃると思います。

しかしながらこの業界。職人気質の先生方が多く、現場を大事にされており、世間的にあまり知られていないのが現状ではないでしょうか。

無論、目の前の患者様第一の精神は私も変わりません。ただ、これからのリハビリテーション業界。

セラピストの世間的認知度をさらに一般的にするためにも、より広い広報活動が必要でないかと思います。私が担当させていただいているAll aboutの仕事。

私自身の立場はあくまで理学療法士国家試験を主としたガイドですが、All about自体は生活情報サイトとしてIT業界での認知度は高く、広く一般の方々の目にとまりやすい環境にあります。超高齢化社会に突入している今の日本。

セラピストの必要性やその仕事内容は時代に要求されたものです。

一般社会にアピールしやすい立場として、全国各地で活躍されている皆様の仕事ぶりをご紹介する機会に預かれたら、私としても幸いに存じます。ご縁がありましたら、是非宜しくお願い申し上げます。

     挑む の文字が印象的です! 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着求人情報

もっと見る

理学療法士・ 作業療法士ブログ

もっと見る

コミュニティ更新情報

もっと見る

ログイン

お役立ちコラム

Information

【療法士.com主催セミナー】

毎月開催! 超一流講師による理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のための療コムセミナー

【リハ学生必見☆】授業とは違った刺激を!リハ学生無料枠対象セミナー

【お役立ちコラム】

リハビリテーション評価用紙

 各種リハビリテーション評価用紙が”無料”でダウンロード可能

 ●療法士コラム

スペシャリスト療法士に”なるには?”の秘訣が満載

療法士の国試過去問

療法士の国家試験の過去の問題の一部、解答・解説付きで公開中!

療法士おススメ体験記

 ”療法士ならでは”の目線でセミナー紹介記事を掲載

オープンキャンパス取材レポ

 ”現役療法士の編集部”が各リハビリ養成校の魅力を紹介

療法士インタビュー

現場で活躍する療法士の”生の声”をお届け

療法士おススメ書籍

現場で“本当に使える書籍”を、療法士ブロガー認定書として紹介

What’s 療法士

 ”現役療法士監修”のもと療法士を目指す方の疑問を解決

社長・編集長コラム

療法士.comを運営する社長と編集長による”業界を想うコラム”

 

【療法士.com公式FBページ】

療法士.comの公式Facebookページ。サイトに関する様々なご意見やご感想お待ちしています!

【療法士.com YouTubeページ】

療法士.com モバイル版

療法士.com モバイル版