理学療法士・作業療法士のための求人・学校探し・セミナーなど総合お役立ちサイト – 療法士.com
お役立ちコラム > インタビュー > 第37回療法士インタビュー 名古屋発 リハビリ業界の底上げを ~ASRIN、SRSの活動から見えてくるもの~
Bookmark this on Yahoo Bookmark

第37回療法士インタビュー

~第37回の療法士インタビューは、現在訪問看護ステーションに勤務しながら、ASRINそしてSRSといった今後のリハビリ業界のさらなる発展のために全力を注いでいる作業療法士の石田さんです。とにかく動いてアクションを起こすことがモットーの石田さん、インタビューを読むと皆さんも何かアクションを起こしたくなるはずです!ぜひ、最後までご覧ください。~

 

名古屋発 リハビリ業界の底上げを
~ASRIN、SRSの活動から見えてくるもの~

てっく訪問看護ステーション 
ASRIN(明日から臨床で使える勉強会)代表
作業療法士 石田 匡章

 

医療従事者の兄からの一言がきっかけに


Q.作業療法士になろうと思ったきっかけは?

A.兄弟の影響が大きかったです。兄は放射線技師、姉は看護師をしております。
兄より「これからはリハビリの時代だ。仕事の内容的にもお前に向いているんじゃないか」と言われて、この道に進みました。
自分自身が物を作ったりする事が好きで、「物を作る事が、医療の現場で必要にされているんだ」と思ったのが作業療法を選んだきっかけですね。
しかし最近は、作業療法士らしいアクティビティは、ほとんどしていないですが・・・(笑)

身障作業療法士としてあらゆる分野を経験したい!


Q.作業療法士になってからの石田さんの経歴を教えてください。

A.10年間を経て3つの病院や施設を経験しました。現在は「てっく訪問看護ステーション」にて、訪問業務と高齢者専用賃貸住宅で、入居者さんへのリハビリを行なっております。

私自身、作業療法士になったときに「身障作業療法士で関われるところをすべて見てみたい。どのような流れなのだろう?一通りを経験したい」という気持ちが当初からありました。
これまでの経緯を考えると、急性期・回復期・維持期・整形外来・老人保健施設・デイケア・訪問・高齢者入居施設など幅の広い経験をさせてもらいました。

 

応募開始5日で250名の申し込みも!


Q.ASRINを立ち上げたきっかけは?

A.「勉強会は、大御所の方達がいつも講師している。名前はさほど知られていないけど、勉強している人っていっぱいいるはず。そうゆう人達からも、臨床の事をもっともっと学びたい!」って思い、立ち上げました。

そこで臨床に使える事を勉強したいとしてこの名前も付けました(ASRINとは「明日から臨床で使える勉強会」の略)。

当初は「仲間内で一緒に勉強会をしていこう」という小規模のものでした。
そのうちに、他の病院では「勉強したいけど勉強できる環境がない。上司がなかなか教えてくれない」など、教育環境でも不満を持っている若手スタッフの声を聞きました。その勉強したい人たちの声に応える為、オープンな勉強会に変わってきております。

現在はリハビリ職種だけでなく、鍼灸師・整体師・運動指導士など、医療や健康に携わっている方どのような方でも参加できるようにしております。
「そのテーマで勉強したい人たちと、一緒に同じ場を共有したい」という気持ちがあります。おかげさまで、6月の肩関節特別講演では600名ほどの参加者が集まってもらいました。また10月の上肢フォーラムでは、応募開始5日で250名の申し込みがあり定員に達しました。

本当にありがたいことと感じております。

リハビリ業界の知識・治療ベースをあげたい!

Q.最近開設した、SRS開設の狙いは?

A.こちらのSRSとはSocial Rehabilitation Serviceの略で、最近主流になっているSNSをイメージして作っております。
分かりやすく言うと、ネットを使っての「治療情報の共有サービス」です。後輩のアイディアから実現致しました。
http://www.asrin-srs.com

開設の狙いとしては3つあります。

つ目は、有益な情報を集めたポータルサイトを作りたいと思いました。勉強会に参加するにあたって、主催者や講師の方の考えが分かる勉強会のポータルサイトが出来ればと思っております。
各地で勉強会開催している方のレポート投稿もどんどんお待ちしており、レポート文末に所属している勉強会の告知をして頂いても大丈夫です。

また地方の方では、勉強会に参加するのに電車賃などかけて参加する事もいらっしゃると思います(以前名古屋で主催したときに、四国や山口県からご参加いただいた方もいらっしゃいました)。
SRSではそのような遠隔地でも、情報を共有できると思っております。

つ目の狙いは、経験年数に関係なく、有能の方にスポットライトを当てたいというものです。このSRSでは、人気ランキングや検索数にて上位のセラピストに送られる「ベストセラピスト」を決めさせてもらいます。その精鋭による「ベストセラピストセミナー」開催し、講師をしていただきます。
経験年数に全く関係なく、いいレポートを書いて頂いた方すべてにチャンスがあります。
 
つ目の狙いとしては、情報提供者に金銭的なメリットを持たせたいというものです。レポートを投稿いただいた方に、最大5,000円の情報料をASRINから提供させて頂きます。

レポートは何度投稿してもらってもかまいません。例えば6レポート投稿された方は、最大30,000円の進呈させて頂きます。
リハビリ職種は、給料は安い代わりに、勉強会などにかけるお金が高い。そのため自分にかけるお金が少なくないなと思っておりました(私自身も家庭を持ち小遣い制ですので、この気持ちもよくわかります・・・)。
雑誌に投稿するよりも敷居が低く、お小遣いを稼いでもらって自分自身や家族に使えるようにしてもらいたいと思います。

以上、この3つが立ち上げた理由です。

この3つの理由をあげましたが、根本的な考えとしては、リハビリ業界の知識・治療ベースをあげていくお手伝いをしたいという思いが強いです。皆で共有でき、一緒に考える事ができる場所を作って、それぞれの「ハブ(様々な情報の中継点)」になりたいと思っております。

起業は目的でなく、「手段」


Q.ご自身の今後のビジョンは?

A.今後は2013年1月より、一般社団法人を立ち上げます。

自分が尊敬する人たちは、ほとんどの方が起業されており自分の足で立っております。私もその人たちのようになりたいといつも感じておりました。まだまだ未熟で勇気が出ない事もありますが、まずは第一歩のことかと思います。起業は目的でなく、「手段」して考えていきたいです。

将来的には箱ものも作ってみたいと思っております。

とにかく自分からアクションを!

Q.全国の様々な勉強会を立ち上げたり、WEBサイトを立ち上げている療法士にメッセージを!!

A.新たなものを作るのは大変なエネルギーがかかります。このことは私自身も本当に実感しております。正しいことをしていると思っていても、批判など多少は出てきます。

しかしながら、それを続けようとすることで本当の仲間や賛同してくださる方が新たに増えていきます。
私たちもまだまだこれからですが、あきらめず少しでもいいものを提供できるよう日々進んでいきたいと思います。

他人が動くのを待つのでなく、自分たちから動いていきましょう!!!

編集者’s eye

石田さんの療法士インタビューいかがでしたでしょうか?

身障作業療法士としてあらゆる分野を経験していく中で、ASRINやSRSそして、2013年1月からは一般社団法人を立ち上げるとのことで、とにかくご自身から積極的に動き続ける石田さん。

皆さんも、今回の石田さんのインタビューを読んで、「何か自分で行いたい!」そんな気持ちになったのではないでしょうか。

今後、石田さんは、名古屋から更に全国のリハビリ業界に旋風を起こすことになるのではないでしょうか!、

石田さん、お忙しい中インタビューにお答えいただきありがとうございました。

今後も、療法士.comでは石田さんのご活動を応援させていただきます。

第36回療法士インタビュー 日本人作業療法士の中国での挑戦 〜JICAでの活動を通じて作業療法の啓蒙活動を目指して〜

療法士インタビューバックナンバー(モバイル版)

新着求人情報

もっと見る

理学療法士・ 作業療法士ブログ

もっと見る

コミュニティ更新情報

もっと見る

ログイン

お役立ちコラム

Information

【療法士.com主催セミナー】

毎月開催! 超一流講師による理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のための療コムセミナー

【リハ学生必見☆】授業とは違った刺激を!リハ学生無料枠対象セミナー

【お役立ちコラム】

リハビリテーション評価用紙

 各種リハビリテーション評価用紙が”無料”でダウンロード可能

 ●療法士コラム

スペシャリスト療法士に”なるには?”の秘訣が満載

療法士の国試過去問

療法士の国家試験の過去の問題の一部、解答・解説付きで公開中!

療法士おススメ体験記

 ”療法士ならでは”の目線でセミナー紹介記事を掲載

オープンキャンパス取材レポ

 ”現役療法士の編集部”が各リハビリ養成校の魅力を紹介

療法士インタビュー

現場で活躍する療法士の”生の声”をお届け

療法士おススメ書籍

現場で“本当に使える書籍”を、療法士ブロガー認定書として紹介

What’s 療法士

 ”現役療法士監修”のもと療法士を目指す方の疑問を解決

社長・編集長コラム

療法士.comを運営する社長と編集長による”業界を想うコラム”

 

【療法士.com公式FBページ】

療法士.comの公式Facebookページ。サイトに関する様々なご意見やご感想お待ちしています!

【療法士.com YouTubeページ】

療法士.com モバイル版

療法士.com モバイル版